サイトマップ

 ■ ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■ 視力状態別の対応状況
 -状態チェック-
 ├ 1.年齢を問わず両目の視力1.0以上
 ├ 2.年齢を問わず弱近視(仮性近視)
 ├ 3.子供で強近視
 └ 4.大人で強近視

 ■ 視力に関するコラム
 ├ 視力回復トレーニングの限界
 ├ クリニック選びの比較ポイント
 ├ 視力が回復する石?
 ├ 速読のトレーニングで視力回復?
 ├ ドライアイを防ぐ方法とは?
 ├ 視力が回復する目薬?
 ├ 緑は目に優しい色ですか?
 ├ ブルーベリーVSカシス
 ├ 赤ちゃんはもともと○視?
 ├ 瞳の色と視力の関係
 └ 人間はどこまで見えるのか

 → 視力に関するコラム 一覧

 ■ 視力回復トレーニング
 ├ 明暗トレーニング
 ├ 遠近トレーニング
 ├ ピンホールアイマスク
 ├ 眼育総研 眼育ingBOX
 ├ 視力回復機メガトレ
 └ スーパービジョン

 ■ 目に良い成分
 ├ アスタキサンチン
 ├ アントシアニン
 ├ DHA
 ├ ビタミンA
 ├ ビタミンB2
 └ ルテイン

 ■ 眼鏡・コンタクト
 ├ 眼鏡の話
 ├ コンタクトの話
 └ オルソケラトロジー

 ■ レーシック関係
 ├ レーシックとは?
 ├ 眼科松原クリニック
 ├ 加藤眼科レーシックセンター
 └ 柏眼科クリニック

 → レーシック関係 一覧

 ■ 目に関する本の紹介
 ├ 読むだけで速効!視力回復トレーニング
 ├ マジカル・アイシリーズ
 └ 最新の視力に関する本の紹介

 ■ 目の病気
 ├ 近視とは
 ├ 遠視とは
 ├ 乱視とは
 ├ 老眼(老視)とは
 ├ 不同視(がちゃ目)とは
 ├ 斜視とは
 ├ 弱視とは
 ├ 緑内障とは
 ├ 白内障とは
 ├ さかさまつげ
 ├ 紫外線
 ├ 飛蚊症(ひぶんしょう)
 ├ 網膜剥離(もうまくはくり)
 ├ 夜盲症(とり目)
 └ VDT症候群とは

 → 目の病気 一覧

 ■ 視力アップソフト
 ├ 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
 ├ 頭がよくなるTHE目のトレーニング
 ├ 武者視行
 └ 目がホリデー

 ■ 目の疲れ防止グッズ
 └ 電磁波防止メガネ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 左右の視力が、大幅に差がある状態を不同視と呼びます。がちゃ目と呼ばれる場合もあります。

 片方の視力が正常であれば、大丈夫ではないかと思う方もいるかもしれません。

 しかし、実際は視力の良い目ばかり使ってしまうため、目が疲れやすくなってしまいます。そのため、頭痛や肩こりの原因となってしまいます。

 そして、視力が悪くて使わない方の目は、どんどん機能が低下し、幼児期の場合は弱視になってしまう可能性があります。

 また片方の目だけ見ることで、物の距離感や立体感を掴むことができず、運動機能にまで影響を及ぼしてしまいます。

 さて、不同視になった場合は、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

 視力が悪い方の目を矯正するため、眼鏡やコンタクトレンズを付けたり、近視手術レーシックを行う場合があります。色々と調べてみて、一番あった方法を選択して下さい。

※先ほども書きましたが、幼児期の不同視を放っておくと弱視の原因になってしまいます。ただ、子供の場合だと、片方の視力が良いと気づかないことが多いです。

 できるだけ早めに発見すれば、弱視を防ぐことができます。子供が、TVなどを視力が良い目の方向から見ることが多い場合、注意して下さい。





copyright © 視力回復物語 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。