サイトマップ

 ■ ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■ 視力状態別の対応状況
 -状態チェック-
 ├ 1.年齢を問わず両目の視力1.0以上
 ├ 2.年齢を問わず弱近視(仮性近視)
 ├ 3.子供で強近視
 └ 4.大人で強近視

 ■ 視力に関するコラム
 ├ 視力回復トレーニングの限界
 ├ クリニック選びの比較ポイント
 ├ 視力が回復する石?
 ├ 速読のトレーニングで視力回復?
 ├ ドライアイを防ぐ方法とは?
 ├ 視力が回復する目薬?
 ├ 緑は目に優しい色ですか?
 ├ ブルーベリーVSカシス
 ├ 赤ちゃんはもともと○視?
 ├ 瞳の色と視力の関係
 └ 人間はどこまで見えるのか

 → 視力に関するコラム 一覧

 ■ 視力回復トレーニング
 ├ 明暗トレーニング
 ├ 遠近トレーニング
 ├ ピンホールアイマスク
 ├ 眼育総研 眼育ingBOX
 ├ 視力回復機メガトレ
 └ スーパービジョン

 ■ 目に良い成分
 ├ アスタキサンチン
 ├ アントシアニン
 ├ DHA
 ├ ビタミンA
 ├ ビタミンB2
 └ ルテイン

 ■ 眼鏡・コンタクト
 ├ 眼鏡の話
 ├ コンタクトの話
 └ オルソケラトロジー

 ■ レーシック関係
 ├ レーシックとは?
 ├ 眼科松原クリニック
 ├ 加藤眼科レーシックセンター
 └ 柏眼科クリニック

 → レーシック関係 一覧

 ■ 目に関する本の紹介
 ├ 読むだけで速効!視力回復トレーニング
 ├ マジカル・アイシリーズ
 └ 最新の視力に関する本の紹介

 ■ 目の病気
 ├ 近視とは
 ├ 遠視とは
 ├ 乱視とは
 ├ 老眼(老視)とは
 ├ 不同視(がちゃ目)とは
 ├ 斜視とは
 ├ 弱視とは
 ├ 緑内障とは
 ├ 白内障とは
 ├ さかさまつげ
 ├ 紫外線
 ├ 飛蚊症(ひぶんしょう)
 ├ 網膜剥離(もうまくはくり)
 ├ 夜盲症(とり目)
 └ VDT症候群とは

 → 目の病気 一覧

 ■ 視力アップソフト
 ├ 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
 ├ 頭がよくなるTHE目のトレーニング
 ├ 武者視行
 └ 目がホリデー

 ■ 目の疲れ防止グッズ
 └ 電磁波防止メガネ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブルーベリーよりカシスの方が、目に良い成分のアントシアニンを多く含んでいる、という研究結果がでました。カシスを食べた方がアントシアニンを多く取れるのなら、ブルーベリーは口にしなくても良いことになります。

 だったらブルーベリーはもう時代遅れなのでしょうか・・・。

※「カシス」という食べ物は、日本人にはあまり馴染みがないかもしれません。北ヨーロッパから北アジアの寒冷地が原産で、直径1cm位の小さな濃い紫色の実を付けるベリー類の一種です。

 いいえ、そんなことはありません。実は、ブルーベリーに含まれているアントシアニンと、カシスに含まれているアントシアニンは同じ成分ではありません。

 アントシアニンにはたくさんの種類があり、その中に入っている成分の種類や組合せ(割合)によって効果に大きな差がでることがあります。

 まずカシスに入っているアントシアニンの約半分ぐらいは「デルフィニジン-3-ルチノシド」という成分で占められています。

 この「デルフィニジン-3-ルチノシド」は、ブルーベリーに含まれているアントシアニンには全く入っていない成分です。

 「デルフィニジン-3-ルチノシド」は、血管の血流を改善する作用があり、筋肉の緊張が緩やかになります。目の筋肉である毛様体筋の緊張を和らげる効果があります。

 それに対しブルーベリーのアントシアニンは、「ロプトシン」の再合成を早める働きがあります。

 「ロプトシン」は目が疲れてくると、弱ってきます。「ロプトシン」の再合成を早めることで、結果として目の疲れを取る効果があります。

 例えばブルーベリーの成分が入ったサプリメントの通信販売で有名な「わかさ生活」では、ブルーベリーの他にカシスの成分が入ったサプリメントも販売しています。

 どうやら、目にはブルーベリーとカシスのどちらの成分も必要みたいです。

 目の筋肉の緊張を和らげたいならカシスを、目の疲れを取りたいならブルーベリーを選んだ方が良さそうですね。

関連記事
目に良い成分 アントシアニン





copyright © 視力回復物語 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。