サイトマップ

 ■ ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■ 視力状態別の対応状況
 -状態チェック-
 ├ 1.年齢を問わず両目の視力1.0以上
 ├ 2.年齢を問わず弱近視(仮性近視)
 ├ 3.子供で強近視
 └ 4.大人で強近視

 ■ 視力に関するコラム
 ├ 視力回復トレーニングの限界
 ├ クリニック選びの比較ポイント
 ├ 視力が回復する石?
 ├ 速読のトレーニングで視力回復?
 ├ ドライアイを防ぐ方法とは?
 ├ 視力が回復する目薬?
 ├ 緑は目に優しい色ですか?
 ├ ブルーベリーVSカシス
 ├ 赤ちゃんはもともと○視?
 ├ 瞳の色と視力の関係
 └ 人間はどこまで見えるのか

 → 視力に関するコラム 一覧

 ■ 視力回復トレーニング
 ├ 明暗トレーニング
 ├ 遠近トレーニング
 ├ ピンホールアイマスク
 ├ 眼育総研 眼育ingBOX
 ├ 視力回復機メガトレ
 └ スーパービジョン

 ■ 目に良い成分
 ├ アスタキサンチン
 ├ アントシアニン
 ├ DHA
 ├ ビタミンA
 ├ ビタミンB2
 └ ルテイン

 ■ 眼鏡・コンタクト
 ├ 眼鏡の話
 ├ コンタクトの話
 └ オルソケラトロジー

 ■ レーシック関係
 ├ レーシックとは?
 ├ 眼科松原クリニック
 ├ 加藤眼科レーシックセンター
 └ 柏眼科クリニック

 → レーシック関係 一覧

 ■ 目に関する本の紹介
 ├ 読むだけで速効!視力回復トレーニング
 ├ マジカル・アイシリーズ
 └ 最新の視力に関する本の紹介

 ■ 目の病気
 ├ 近視とは
 ├ 遠視とは
 ├ 乱視とは
 ├ 老眼(老視)とは
 ├ 不同視(がちゃ目)とは
 ├ 斜視とは
 ├ 弱視とは
 ├ 緑内障とは
 ├ 白内障とは
 ├ さかさまつげ
 ├ 紫外線
 ├ 飛蚊症(ひぶんしょう)
 ├ 網膜剥離(もうまくはくり)
 ├ 夜盲症(とり目)
 └ VDT症候群とは

 → 目の病気 一覧

 ■ 視力アップソフト
 ├ 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
 ├ 頭がよくなるTHE目のトレーニング
 ├ 武者視行
 └ 目がホリデー

 ■ 目の疲れ防止グッズ
 └ 電磁波防止メガネ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 暗いところではわかりませんが、明るい場所で空を見上げたりマンションの白い壁を見ると、眼の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。

 視点を動かしても、同じように動いていきます。まばたきしても目薬をさしても、消えることがありません。このような症状を、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。

 おそらく、ほとんどの人が経験したことがある症状だと思います。糸くず状や点状など、浮遊物には色々な種類があります。

 さて、飛蚊症になってしまった場合どうすれば良いのでしょうか?

 実は進行しない場合は、放っておいてかまいません。飛蚊症の原因として最も多いものは、硝子体剥離と呼ばれ、老化現象や強度近視の場合は必ず起こります。白髪やシミ・しわなどと一緒なので、特に気にする必要がありません。

 しかし、急に飛蚊症が増えた場合は要注意です。糖尿病、高血圧のように出血しやすい病気のときに、目の中に出血して血液が硝子体の中に入り飛蚊症となったら、危険です。

 目を強くぶつけて出血したときも同じような症状になり、視力がいきなり低下します。そのときはすぐに眼科の専門医に見てもらって下さい。安静にしたり、糖尿病など原因となっている病気の治療をおこなって下さい。

 またボクサーのように、顔面への強い攻撃を受ける格闘家の方がいきなり飛蚊症になった場合は、網膜剥離の前兆である可能性があります。もちろん、眼科にダッシュして下さい。

 普通の飛蚊症であれば特に問題ありませんが、見える浮遊物が急に増加したり、視力が下がってしまった場合は注意が必要です。できるだけ早めに眼科に行くことをお勧めします。





copyright © 視力回復物語 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。