サイトマップ

 ■ ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■ 視力状態別の対応状況
 -状態チェック-
 ├ 1.年齢を問わず両目の視力1.0以上
 ├ 2.年齢を問わず弱近視(仮性近視)
 ├ 3.子供で強近視
 └ 4.大人で強近視

 ■ 視力に関するコラム
 ├ 視力回復トレーニングの限界
 ├ クリニック選びの比較ポイント
 ├ 視力が回復する石?
 ├ 速読のトレーニングで視力回復?
 ├ ドライアイを防ぐ方法とは?
 ├ 視力が回復する目薬?
 ├ 緑は目に優しい色ですか?
 ├ ブルーベリーVSカシス
 ├ 赤ちゃんはもともと○視?
 ├ 瞳の色と視力の関係
 └ 人間はどこまで見えるのか

 → 視力に関するコラム 一覧

 ■ 視力回復トレーニング
 ├ 明暗トレーニング
 ├ 遠近トレーニング
 ├ ピンホールアイマスク
 ├ 眼育総研 眼育ingBOX
 ├ 視力回復機メガトレ
 └ スーパービジョン

 ■ 目に良い成分
 ├ アスタキサンチン
 ├ アントシアニン
 ├ DHA
 ├ ビタミンA
 ├ ビタミンB2
 └ ルテイン

 ■ 眼鏡・コンタクト
 ├ 眼鏡の話
 ├ コンタクトの話
 └ オルソケラトロジー

 ■ レーシック関係
 ├ レーシックとは?
 ├ 眼科松原クリニック
 ├ 加藤眼科レーシックセンター
 └ 柏眼科クリニック

 → レーシック関係 一覧

 ■ 目に関する本の紹介
 ├ 読むだけで速効!視力回復トレーニング
 ├ マジカル・アイシリーズ
 └ 最新の視力に関する本の紹介

 ■ 目の病気
 ├ 近視とは
 ├ 遠視とは
 ├ 乱視とは
 ├ 老眼(老視)とは
 ├ 不同視(がちゃ目)とは
 ├ 斜視とは
 ├ 弱視とは
 ├ 緑内障とは
 ├ 白内障とは
 ├ さかさまつげ
 ├ 紫外線
 ├ 飛蚊症(ひぶんしょう)
 ├ 網膜剥離(もうまくはくり)
 ├ 夜盲症(とり目)
 └ VDT症候群とは

 → 目の病気 一覧

 ■ 視力アップソフト
 ├ 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
 ├ 頭がよくなるTHE目のトレーニング
 ├ 武者視行
 └ 目がホリデー

 ■ 目の疲れ防止グッズ
 └ 電磁波防止メガネ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 私は小さい頃から目が悪かったので、視力を回復させるために、様々な方法を試してきました。

 当ブログで紹介している本に書いてある視力回復トレーニングを試したり、視力回復機器を購入したこともあります。

 近視が少しでも良くなるように色々と調べてきましたが、一つ疑問が浮かんできました。

 視力回復トレーニング(視力回復訓練機を含む)は、強度の近視は治らないのかもしれません。

 2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング(著 松崎五三男)では、二週間で0.3 → 1.5まで回復したと書かれています。

 しかし、その本に載っている実際にトレーニングをした人の感想が載っていますが、0.3 → 1.5のような驚異的な回復をした人はいません。ほとんど、弱近視からの回復や、ちょっと目が良くなった例だけを紹介しています。

 Q&Aには、長い間メガネやコンタクトをしていても回復が可能ですと書かれていますが、具体的にどのくらいの近視から回復するのか、書かれていません。

 0.01から1.0まで回復するとはどこにも書かれていません。

 本だけでなく、視力回復訓練機も同じです。

 例えば、視力回復訓練機【スーパービジョン SV-2100】は特に5歳~18歳までの人の回復率は顕著と書かれています。

 おそらく視力回復訓練機は子供の弱近視には効果があると思いますが、強度の近視には効果が低くなるのではないでしょうか。

 眼育総研の眼育ingBOXは子供が視力回復トレーニングを毎日諦めないで続けられるような機材を販売しています。子供にターゲットを絞ったのは、視力が悪くならないうちに、治すという戦略です。

 やはり視力回復トレーニングではあまりにも強度の近視は治らないのではと思っています。

 個人的には0.3が限界ラインだと考えています。

 このブログを見ている方へ

 もし視力が0.3以上あれば視力回復トレーニングを、0.3未満であれば近視矯正手術、レーシックをお勧めします。

 

 



copyright © 視力回復物語 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。